大家さんがどんな入居者を求めているか意思表示をする

大家さんがどんな入居者を求めているか意思表示をする

入居者を獲得する為に客付けの業者さんとは上手くお付き合いをさせて頂いています。

なぜならば、優良な入居者を優先的に私の物件に回して頂きたいからです。
自分で入居者を探そうと思ってもかなり難しいのではないでしょうか。

 

 

 

大家さんとして質の良い賃貸事業を展開していこうと思うならば常識のある優良な入居者に入居して頂く事が必須です。

 

優良な入居者にお住み頂くとクレームは、ほとんどありません。

 

 問題が起きればそれに伴う時間と費用を考えるとかえって損をしてしまうことが有ります。
私は、先々のトラブルの事を予測し未然に防ぐ事のできる業者さんを中心しお付き合いをさせて頂いています。
(大家さんの目線でも物事を判断できる業者)

客付け業者さん仲介業なのです。
入居者と大家さんとの契約業務を行い入居者の生活が始ます。そこからの後の問題に関しては、客付け業者さんには、全く責任はありません。
ですので、少々利益を先行した客付け業者さんはどんな方でも入居させようとする傾向にあるのです。

 

 

早く入居頂き家賃を頂きたいのは大家さんも同じなのです。
しかし、ここで大家さんが冷静にならないといけない場面なのです。
客付け業者さんに上手く乗せられてしまうとすべての責任は大家さんにかかってきます。

私は客付けに拘るあまり、冷静さを失い何度もこの様な失敗をしてきました。 
反対にここさえ理解し押えてしまえばとても楽だという事も分かりました。

 

 

 
「この大家さんだったらこの入居者は嫌がるだろうな」
「後に何か問題が発生したらあの大家さんだったら怒るだろうな」
「こんな入居者だったらあの大家さん大喜びだろうな」
という感じで、大家さん側の入居者選びの判断基準を何となくでも良いので理解して頂けるように心掛けています。

 

関連ページ

客付け業者って何?
賃貸物件の入居者を仲介する不動産屋さんの事です。若い営業マンが多くお客さんを物件に案内をし入居者を決めてくれます。最近はネットからの反響も多くネットの対応も得意としており、一生懸命動いてくれます。
質の悪い客付け業者に入居者を募集してもらった結末・・。最悪です!
質の悪い業者は入居者も良くありません。仲介手数料が入れば誰でも入居させてしまうのです。入居してからは全く責任がありませんから、対応はすべて大家さんになってしまうのです。私は入居者募集を任せっきりにしていたため様々なトラブルが発生してしまいました。こんな入居者をなぜ私の物件に入れたのか、理解ができないのですが、私が全く把握できていなかったことに大きな問題があります。
客付け業者の実態
客付け業者の営業の方は退職される方も多いです。いい加減な営業の方は入居者に適当な事を言い重要な説明が抜けておりトラブルになる事も多いです。営業の方のいう事を鵜呑みにするのではなく最終は大家さんの責任ととらえ状況を把握しなければラりません。
大家さん必見―客付け業者の優先順位3項目
客付け業者は優先順位をつけてお客さんを案内していきます。@自社管理物件A自社専任媒介物件B一般媒介物件の順番です。優先順位が高いからといって早く入居者を確保できる訳ではありません。一般的にはBの一般物件で複数の客付け業者を競争させる方が早く入居者を確保できるのではないかと思います。この優先順位は唐らず理解しておかなければなりません。
とてもいい客付け業者ミニミニ スーパーマネージャーこっはー
ミニミニさんが私の物件を管理客付けしてくれています。スーパーマネージャーのこっはーさんはいつも客付けを最優先に考え細かいクレーム等にも対応してくれています。5年以上のお付き合いをしておりお互いに信頼関係もあります。この様な営業マンと親しくなっていく事により空家やトラブルは減っていきます。
大家さんの業者訪問
私は定期的に客付け業者訪問をしています。目的は現状の把握をしたいからです。客付けの依頼はさせて頂きますが、あまりこちらから頭を下げ無理にお願いもしないようにしています。こちらが下手に出ると足元を見てきます。そして家賃の引き下げや広告料の増額なりかねません。実際に相場とかけ離れた条件設定になっていないか。また、私の知らない問題が無いかを確認するのです。だいたい5件ぐらい訪問すると感触をつかむ事ができます。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ