管理会社の管理業務の内容説明

これだけやってくれる!管理会社の管理業務

ここで、私が管理して頂いている管理会社の管理業務を紹介します。

黒字が契約書の原本で、青字がその説明になります。
管理会社に管理を依頼すれば、ほとんどの事は対応してくれます。
大家さんとして、とても楽になりますよ。

 

 

 

管理会社の管理業務

 

1)入居者の募集
@保証金(敷金・礼金)・賃料・駐車場料等を甲乙協議の上賃貸借契約書の作成
  新しい入居者の募集条件を決めます。

 

A賃借人の募集
  客付け業者に依頼し入居者の募集をします。

 

B賃借人の入居審査
  所定の保証会社に審査を掛けます。

 

C賃借人との賃貸借契約の締結
  入居者と大家さんと保証会社の契約をしてくれます。

 

D車庫証明代理発行。ただし、交通安全協会加入の駐車場は除く。
  駐車場利用の場合車庫証明の発行のお手伝いをしてくれます
E賃料等の改定交渉
  入居者との家賃交渉を大家さんの代わりにしてくれます。

 

2) 家賃未納者への督促
@賃借人の家賃不払い・未納があった場合督促を行います。
  入居者が家賃を滞納した場合、保証会社と協力して督促状を送ります。
A督促方法は電話・請求書発発送・訪問を行います。

 

B法的処置が必要になった場合の甲へのアドバイス。
  訴訟になった場合大家さんに色々とアドバイスをしてもらえます。また保証会社と訴訟手続きをとってくれます。

 

 *管理契約開始前の滞納に関しては、オーナー様へのアドバイスを中心としたご協力になります。
  管理前からの案件でも協力してくれます。

 

 

 

 

3)解約清算
@解約通知書を受領後、甲への連絡と退去者への確認
  入居者から退去の報告窓口になり、大家さんに報告。退去業務を促します。

 

A明け渡し時に退去者と現地立会い。ただし、甲及び甲指定する業者が内装を行う場合を除く。
  大家さんが自分で原状回復リフォーム工事をする場合以外は退去の立会いをし原状回復リフォーム工事見積もりをしてくれます。

 

B上記Aにおいて鍵・契約書の受領・室内の査定。返還金の精算
  入居者との退去の精算業務をしてくれます。

 

C退去時の精算業務を行う。債務の額についてはその算定基礎を記載した書面を賃借人に交付する。
退去の精算業務がトラブルにならない様、書面でまとめてくれます。
D入退去に伴う室内補修に必要な工事の受発注。
  Aの原状回復リフォーム工事見積もりを実施してくれます。

 

4)契約金額に含まれず別途甲の負担とするもの。

 

@賃貸借契約成立時発生する入居促進費。
  入居者募集の為の宣伝広告費(AD)の事。
A賃貸人との訴訟・裁判・弁護士費用等。
  入居者とのトラブルに対しての費用は大家さんが払わなくてはなりません。ただし保証会社が家賃滞納者に対しての弁護士費用等は負担してくれます。

 

B店舗等の募集及び宣伝広告費。
  入居者募集の為の宣伝広告費(AD)の事。

 

<原状回復の基準>
原状回復ガイドライン(国土交通省)を遵守する。

 

*オーナー様仕様扱いの部屋に関しては契約に関する業務、滞納処理クレーム受付等は行えません。  大家さんが物件の一部に入居している時は契約・クレームは聞きませんという事。

 

5)家賃管理
@家賃等の集金業務及び毎月の精算書作成と送付。
A甲は、乙が乙の提携先金融機関及び保証会社に集金代行を委託する事を承諾します。
  管理会社指定の金融機関や保証会社が集金業務をする事を承諾するという事。

 

B毎月27日に入居者の口座から翌月分の家賃を引落し、翌月の集金家賃送金日に管理業務報酬及び甲が乙に支払う費用を差し引き甲の指定口座に送金します。
  毎月入居者から家賃を27日に集金し翌月の10日に大家さんにまとめて振り込みます。

 

関連ページ

大家さんは管理をしない理由
管理会社が安い費用で物件の管理を細かくやってくれます。管理費は家賃総額の3%〜5%ぐらいです。大家さんが自主管理するのもいいのですが、管理会社に低料金でお任せする方が効率はいいのではないかと思います。実際に入居者から細かいクレームの対応に迫られると結構大変です。管理会社に管理してもらう事をオススメします。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ