築20年以上の区分所有マンションに注目しています!!

築20年以上の区分所有マンションに注目しています!!

私は区分所有のマンションを3戸所有しています。
区分所有マンションは利回りがあまりよくありませんね。

 

 

主にサラリーマンの方が税金対策で賃貸物件として購入され運用しているのではないでしょうか。

私もサラリーマン時代はそうでした。

 

 

家賃収入でローンの返済さえできれば「OK〜!」という考え方です。

 

実際にはわずかな黒字でも税務的にはそこそこの赤字で計上できてしまうので、高額所得者のサラリーマンは年末調整や確定申告時に所得税が還付できるというメリットで購入をされている方も多いと思います。

 

それはそれでいいですね!

 

区分所有のマンションは私の中では税金対策のメリットしかイメージできませんでした。
しかし近年、情勢が変わってき新築戸建てよりも新築の分譲マンションが注目されています。

 

売れているのです。

 

都心部のタワーマンションは世帯数が500戸〜1000戸以上あります。

 

このグレードのマンションに関しては物件価格がどんどん上がっていき去年8,000万円で購入したが、今年10,000万円で売れてしまうというような状況も見られるほどです。
不動産屋さんにとっては、こういった投資は有効かと思うのですが、大家さんの私にとっては、いかがなものかと考えてしまうところです。

 

大家さんの税金対策としてこういった新築の資産価値の高い物件を購入するのは有効です。
あくまでも、売却の利益を前提にしていない税金対策ですから。
大家さんが住むのであればうらやましい限りです。

 

私がここでちょっと考えているのが、築20年以上の1,000万円以下の区分所有のマンションです。

 

「なんで〜???」

 

そう思われるかもしれないのですが、賃貸で貸す事を考えるとちょうどいいのです

 

区分所有のマンションは大半は建築基準法を守られ建築されています。
ですので正当なかたちでローンも受けやすいのです。

 

物件価格は上がる事はめったに無いのですが、これ以上下がることもありません

 

ある程度下がり、これ以上下がらない価格が1,000万円だということです。
地域によって価格相場は違いますし、もっと安く購入できることもあります。

 

私の一番初めに住んでいた思い出深い中古マンションも購入し20年は経ちますが、価格はその当時と同等ぐらいで今でも売り買いされています。
いい物件というよりこれ以上下がらない所まで行きついたかんじです。(笑)

 

現在賃貸中なのでまったく売却する気はないのですが、住宅ローンが適応される物件ですから、いつでも売れちゃう感じです。

 

 

 

 

物件の内容

 

価格        10,000,000円
家賃         75,000円/月 
管理・修繕費    15,000円/月

 

利回り          7.20%

 

そんなにいいとは言えませんが、リスクも少なく、管理面でも手間はかかりません。
築年数が経っていますので税金対策にはなりにくいですが、家賃14年分でもとが取れます

 

大家さんとして大きなアパートマンションを所有するだけでなく、リスクの分散、いざという時には売却可能を考えると築20年以上の区分所有マンションもいいのではないかと考えています。

 

 

 

築20年以上の区分所有マンションの購入の注意点

 

 

@入居が見込めるか。

 

駅前、利便性がいいか。

 

家賃は相場を確保できるか

 

・学校区はいいか。

 

エレベーターは各階にあるか。

 

・駐車場は敷地内もしくは近くに確保できるのか。

 

 

 

 

Aマンションの雰囲気はいいか。

 

管理組合がしっかりしている

 

修繕積立費が貯まっている。(資産価値が上がる)

 

・他の住人に変な印象は無いか。

 

 

 

Bリフォーム工事をする場合の費用はかかりそうか。

 

・キッチンやお風呂の状態はどうなのか。

 

・給湯器等・設備は劣化していないか。

 

 

 

築20年以上の区分所有マンションは初めて大家さんになりたいと思っている方々にもちょうどいい物件です。
私もそうでしたから。(笑)

 

その地域の事をよく理解できており、いつでも対応できる「自宅のそば」で購入する事をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

中古収益物件を購入するための7つの判断基準
中古収益物件の購入を検討する時は、不動産会社から提示された利回りに惑わされない様にしましょう。実際に物件を見て家賃が妥当なのか、物件に瑕疵はないか、様々な方向性で検討しなければなりません。いつも思うのですが、そんなによい物件が私に紹介されるものなのでしょうか。それぐらいの感覚で検討して丁度いいぐらいです。私は中古物件の購入をする判断基準を持つようにしています。このに満たさなければ購入は見送るようにしています。中古物件は中にはよい物件もありますので積極的に物件を見に行くことをオススメします。
新築収益物件購入3つの選択肢
収益物件を新築で手に入れる方法は3種類あります。「自己所有の土地に建てる」「土地建物が完成済みの建売を購入」「土地を購入し建てる」 どのパターンがいいのでしょうか。もちろん、それぞれメリット・デメリットはありますが、新築物件は入居率・済み書がある・融資条件が良い・修繕費がかかりにくい等、安定した賃貸事業に取り組む事ができます。利回りは中古物件と比べると良くない様に見えますが、総合的に考えると全然悪くはありません。
築30年以上の中古戸建は手に入れやすくなる
築30年以上の中古物件は違法建築が多く、住宅ローンを受けられない傾向にあります。売却しようと思っても物件自体に融資が適用されないため、買主は現金で購入しなくてはならないのです。 この様な物件は物件としての評価が無い為通常よりも安い値段で取引されているのです。大家さんはこの様な物件を現金で安く買い賃貸物件として貸していく事も今後は考えていってもいいのではないでしょうか。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ