単身者用とファミリーどちらが有利

単身者用とファミーリータイプどっちが有利

大家さんにとって単身者用の物件とファミリータイプの物件ではどちらがいいのか、色々な意見があります。

 

 

今まではファミリータイプが非常に人気でした。

 

 

ファミリータイプはいちど入居していただくと長期間入居して頂け、空家になってもすぐにまた違う入居者に住んで頂ける状況でした。

 

現在もファミリータイプは安定感があり、無難な感じで入居者を確保する事ができます。

 

大手のハウジングメーカーはファミリータイプを中心に全国に展開をしていっています。

 

 

 

 

しかしながら、最近では生活様式が変わりつつあります。

 

年々賃貸アパートの供給が増えてきており「単身者用」「ファミリータイプ」物件は、どちらも供給過多になり飽和状態のエリアも確認されてきています。

 

 

建物が新しい間は、どんどん入居が促進されます。

 

古くなってくると入居者は新しい物件を求め引っ越しをされてしまいます。

 

また新しい物件が出ると転居され、これの繰り返し。

 

入居者主導の市場になっているのです。

 

 

 

単身者用の部屋は、20年ほど前は今と比べ少し狭いタイプが主流でした。

 

 

お風呂とトイレが同じ、「ユニットバス」使用物件が多くだいたい20u前後ぐらいです。

 

このタイプの空家が増加していっています。

 

家賃を下げても需要がなく入居者が入らないんです!!

 

 

 

 

 

 

 

では今どのようなタイプが良いとされているのでしょうか。

入居率、後々のランニングコスト等を考えると、「単身者用」なのか「ファミリータイプ」なのか。

 

ちなみに私の経験でお話をさせて頂くのですが。
物件の収支が悪化しデフォルト(破たん)を起こしている物件はほとんどファミリータイプが多いです。

 

 

新築当初は高い家賃で入居されていたのですが、年数の経過、経年劣化により家賃が下落していったのです。

 

 

もともとの家賃が高ければ高いほど家賃は下がっていきます。

 

また家賃が下がっていくと同時に老朽化も進んでいきます。

 

 

収入が下がっているにも拘らず、修繕費やリフォーム工事の費用もかさんでくるのです。

 

非常に苦しまれている大家さんもいらっしゃいます。
「金融機関(融資)―返済できない時の対処方法」参照

 

「単身者用」が有利です。

 

私は30u前後の広めの単身者用の賃貸物件が1番良いのではないかと思います。
*地域性により異なるのでご了承下さい。

 

 
 
トイレとお風呂は別々でゆとりの空間を感じさせる、おしゃれなお部屋が人気です。
このタイプは確かに入居者の入退去の確率は高いのです。
しかし、現状回復の費用がとても安価で済ませる事ができます。

 

「リフォーム工事―原状回復リフォーム工事」参照

 

単身者用はどんなにかかっても10万円までではないでしょうか。1人もしくは2人での生活ですからそんなに汚れる事もありません。

 

 

 

ファミリータイプは現状回復リフォーム工事をするだけでも50万円前後かかってしまう事がある。

 

ファミリータイプは部屋の面積が広い分、現状回復の面積も増えます。
入居人数も4,5人と複数で子供さんも、勿論いらっしゃいます。

 

部屋が汚れてしまうのは仕方がないですよね。

 

 

また全国の大家さんは入居者に対して物件の付加価値を付ける為に様々なサービスを打ち出してきます。

 

私も負けない様に日々、工夫しています。

関連ページ

収益性の改善は家賃を上げる事が最も効果的!!
賃貸事業の収支を改善する為には収入を増やし支出をおさえるていかなければなりません。2つの事が同時にできればとても効果的なのですが、現実はそんなに甘くはありません。大家さんが最優先しなければならない事は収入である家賃を上げる事です。家賃を上げる方が効率がいいのです。その為に色々と細かい工夫をしていきましょう。
アパートマンションのイメージアップを考えよう
大家さんはアパートマンションのイメージアップさせていく事考えなければなりません。イメージアップを促す事により空家対策・空家改善につながっていきます。また、優良な物件には質の良いお客さんも入居して頂く事ができます。物件清掃・オシャレな植栽・ライトアップ・有名人の入居者等様々な状況で物件のイメージアップを図る事ができます。
家賃の目安と相場 家賃下落に注意!
不動産投資、賃貸事業をすすめていく上で家賃の下落は必ず見込まなければなりません。特にここ最近アパートやマンションが供給過多になりつつあります。近隣で新築物件が完成しただけでも家賃の相場は変化します。また築年数に比例して家賃が下がってしまう理由があります。
不動産投資を失敗しない大家さん
不動産投資、賃貸事業はお客さんに部屋を貸して家賃収入を得る事業です。しかし、最近は物件を購入し高く売ろうとしている方が非常に多く見受けられます。これは大家さんの考え方ではありません。大家さんは入居者に快適に住んでいただき少しでも多くの家賃収入を頂く努力をします。ここでは失敗しない大家さんの考え方をお伝えします。
自動販売機を設置 大家さんはいく儲かるの?
私はマンションの前に自動販売機を設置しています。「自動販売機は儲かるの?」と聞かれますが実はあまり儲かりません。だいたい電気代を差し引くと月1万円ぐらいの収入です。でも一括借り上げの様な契約ですからリスクはありません。初回に10万円もらい5年契約です。5年で70万円。こう考えるとまあまあかなって感じがします。
あった方がいい!!1階バルコニーに目隠しフェンス
アパートマンションの1階バルコニー部分に入居促進の為、侵入防止の目隠しフェンスを設置しています。1階のバルコニーは外部からのぞかれてしまう可能性も有り、最悪、不審者の侵入もあるのです。特に女性は敬遠しがちでしたが、目隠しフェンスを設置する事により、かなり好評を頂くようになりました。
防犯カメラの設置 大家さん「24―ジャックバウアー」になる?!
先日私のマンションに防犯カメラを設置しました。これが中々のすぐれものです。24時間、ipadでマンションのエントランスの状態が確認できます。マンションに出入りする入居者の状況や外部からの不審な状況が直ぐに分かるのです。真夜中、頻繁に出入りしている入居者います。うるさいとクレームが入っていましたが、犯人はどの入居者かすぐに分かってしまいます。客付け業者が入居の案内をしているところもしっかり確認できるのです。まるで24ジャックバウアーになった気分になってしまいます。防犯カメラは画像内に動きがあった所しか録画しませんから、ピンポイントで確認する事ができるのです。
駐輪場の必要性
意外と簡単に思いがちですが、実は大切なのが駐輪場です。自転車の置く場所がないと結構不便な物なのです。アパートやマンションにおいても同様で、大家さんは家賃や共益費ばかり気にしてしまい駐輪場は軽く見てしまいがちです。 しかし、入居者の為にしっかりとした駐輪場を確保しないと空家率に影響してしまう可能性があります。 駐輪場の無い物件は優良な入居者は敬遠しがちです。しっかりと駐輪場を確保したアパートやマンションは他にもたくさんあるからです。昨今、「自転車ブーム」ともいわれています。オシャレな自転車が置かれていると格好がいいものです。
やってはいけない!賃貸物件の売却
大家さんは物件を売ってはいけません。「相続税が払えないとか。」「空家が多くて返済していけない。」で売らなくてはならない状況になるのは論外です。キャピタルゲインとインカムゲインのお話を分かり易く「ニワトリ」と「たまご」に例えてお話しています。大家さんはキャピタルゲインではなくインカムゲインがメインです。
利回り計算に気を付けて!!
利回り計算は満室時で想定した収支です。それに賃貸事業は見えない所で経費がかかってきます。 この経費を想定できていなければよい大家さんとは言えません。利回りは毎回同じ計算方法に統一し、物件の比較の目安として見る物で、物件購入の検討材料には参考にしてはいけません。
大家さんになる為に収益物件を手に入れる
大家さんはアパートマンションの部屋を賃貸し収入を得る仕事です。事業として充分、収入が見込める収益物件を確保しなければなりません。決して無理をして購入する必要はありません。ここでは、中古の収益物件から新築の収益物件の手に入れるまでの考え方をお話しさせて頂きます。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ