床の張替や補修は明るい色目でキレイに仕上げる

床の張替や補修は明るい色目でキレイに仕上げる

床の補修・張替についてお話しさせて頂きます。

 

私の物件は床材にフローリングを使用しているものが多いです。

 

フローリングの場合はよっぽどの事がない限り張替は有りません。
費用対効果を考えると、張り替えたくても「がまん」って感じです(笑)

 

 

どうしてもフローリングの張替が必要な理由

 

 

・床が割れている。

 

・はがれている。

 

・傷や汚れがあり古くなっている

 

・部屋の雰囲気を変えたい。等

 

 

 

ほとんど傷の補修で対応するようにしています。
ハウスクリーニングでキレイに床をふき取り、補修をすればだいたいがOKです。

 

 

フローリングの補修職人さんに作業を依頼すると、
日当はだいたい半日25,000円、一日35,000円位です。

 

自分で補修をしてもいいと思います。
インターネットで傷の補修セットが売っていますので購入し半日も有れば十分にできてしまいます。

 

クッションフロアー(CF)

 

小さい傷は無視。
汚れはハウスクリーニングでキレイにします。

 

大きな傷は補修不可能です。
クッションフロアー(CF)はビニール素材でできていますから、火に弱く、よくタバコの跡で穴が開いてしまいます。
傷を含め、たばこの焼け跡などは補修では追いつきません。

 

 

かえって、クッションフロアー(CF)の場合は張り替えてしまった方が効率はいいかもしれません。

 

張替コストは非常に安く、そして、キレイになります。

 

ヘイベイu(1m×1m)=@1,800円

 

これは職人に直接、依頼した時の単価です。
通常であれば、@2,500円以上はすると思います。
現状の古いクッションフロアー(CF)を剥がし廃材処分して新しい物を貼ってもらう作業が、この費用の単価です。
非常に安いと思います。

 

 

 

 

職人さんに直接作業を依頼する手順

 

@まずは、職人さんを探してください。
もしくは、知人に紹介してもらう。インターネットで検索してください。必ず身近にいらっしゃいます。

 

A職人さんに部屋を見に来てもらいます。 
口頭でお伝えした場合行き違いがあり、当初の費用よりも上がってしまう事がありますので、極力、職人さんの空いた時間に見に来てもらいます。

 

B現地で待ち合わせをしその場で見積もりをしてもらいます。
職人さんは見積もりをする上で、この作業をする為に、材料がいくらかかり、時間がどれぐらいかかるかを計算します。
あまりにも小さい工事でしたら割高になります。とりあえず見積もりを出してもらい、大家さんとして費用対効果を考えて下さい。

 

C「今回は見送るのか」「張り替えてもらうのか」返事をします。
費用が合わない場合は、次回、他の張替とまとめて依頼するのがいいかもしれませんね。

 

D依頼する場合は、クッションフロアー・クロス等のカタログを用意してもらいます。
色決めです。

 

 

床のクッションフロアー(CF)の張替の職人さんはクロスの張替もやってくれます。一緒に依頼されると費用も安くなります。

E作業をしてもらう日程を決めます。作業当日は、現地で部屋の鍵を開けてあげます。
職人さんは朝が早いですよ〜。
これは管理会社に依頼してもいいかもしれません。

 

F貼り終われば確認をしに行きます。あまりにも綺麗になっているので楽しみですよ。

 

大まかな流れはこの様な感じです。
そんなに、大した手間ではありませんよね。

関連ページ

クロスの張替で部屋の雰囲気がかわる!
古くなったお部屋や汚れている部屋はクロスを張り替える事をオススメします。賃貸の場合は費用対効果の事も考え、どこまで張替えるかの検討もしなければなりません。部屋の一面のみ違った色目の少し高級感のクロス貼る事をアクセントクロスといいます。大家さんの工夫次第で部屋の雰因気はとても明るくオシャレにする事ができます。
ハウスクリーニングの重要性と手順
原状回復工事の最終にハウスクリーニングで仕上げます。物件は経年劣化と共に古くなっていきますが、ハウスクリーニングがしっかりされているとかえって良い印象を持ってもらえます。業者に依頼をするのもいいのですが、たまには大家さんもハウスクリーニングを自らしてみて下さい。ちょっと大変ですが物件の状況が良く理解できます。私は運動不足の解消も兼ねて自分でキレイにすることもあります。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ