ハウスクリーニングの重要性と手順

ハウスクリーニングの重要性と手順

私は、入居者が退去した後のハウスクリーニングは自分でするようにしています。

 

 

結構大変なんですよね。
でも部屋の状態を確認する方法としては最も有効だと思っているからです。
前の入居者がどのような部屋の使い方をしていたか、自分で掃除をするとよくわかります。

 

また大家として自分の部屋が経年劣化等によって、どの様に変化していくのか今後の参考にもなるのです。

 

 

私の所有しているアパート、マンションの部屋は全体的に白でまとめています。
白は光を反射させる効果が有り、少しまぶしい感覚になるんです。

 

とてもキレイですよ〜。

 

白は汚れが目立つように思われますが案外目立ちません。

 

写真の映りも白をベースにしていると光の加減で非常に見栄えいいです。

入居者はお部屋を探す時、まずは写真から選びます。

 

私の物件が指名される様に写真写りは非常に大切です。

かえって濃い茶系の方がホコリが溜まるとよくわかります。
また白をベースにした部屋は少し掃除を頑張ればとてもキレイになります。
びっくりするくらいキレイになるのでやり甲斐も出てきます。

 

 上記の事を実感する為にもハウスクリーニングは自分で行う様にしているのです。

 

 

私の場合は、個人的にダイエットのつもりでやっています。

 夏場は気合が入るので汗だくになり1階の掃除で約2キロ落とした事があります。

 ウォーキングをしたりランニングをするより良いと思いませんか。

 

 

 

 

 ハウスクリーニングは初めは慣れないので、どこからどこまでどうやったらいいのかわかりませんでした。
 今ではある程度の流れをつかんできましたので自分のペースで計画的にうまくこなしています。

 

ハウスクリーニングの手順

 

@全体に掃除機をかける(大きなゴミ、ホコリをとる。)

 

Aキッチン洗い(油汚れは薬品、洗剤につけておく。)

 

Bお風呂洗い(壁・天井もすべて。鏡は重点する。)

 

C洗面台洗い(全体を薬品や洗剤で洗い。棚部分も細かくふき取る)

 

Dトイレ洗い(便器が素手で触れる位磨く。便器の裏も同様)

 

Eサッシ廻り洗い(窓ふき2回、下部レール部分水で流す)

 

F2回目、全体掃除機(仕上げのつもりで、髪の毛が落ちていない様に)

 

G全体にモップかけ(2回〜3回)

 

H全体雑巾がけ(壁・床・ドア・玄関細かい部分全体)

 

I3回目、掃除機(最終確認のつもりでもう一度)

 

上記の内容は私の手順ですのでプロの方のご指摘はお許しください。

 

3回以上、作業をすると汚れの落とし方がよく分かってきます。

 

ハウスクリーニングの業者に頼むよりもキレイにする事ができる自信があります。
私の物件は単身者用の部屋が多いので集中すれば約5時間で終わります。
 半日ですね。

 

ハウスクリーニングの業者に掃除を依頼すると下記内容です。
●1k   (30u)      30,000円
●1LDK(40u〜50u) 50,000円
●2LDK(50u〜60u) 80,000円
●3LDK(60u〜    ) 120,000円
 
*汚れ具合や地域により異なります

 

ハウスクリーニング業者に依頼すると部屋の状況がまったく分からない様になります。その状態で次々入居者が入退去を繰り返し、物件のイメージも忘れてしまうのです。

 

少しぐらいはいいのですが、その状態が、慢性化すると各業者さんに「この大家さんは、あまり把握できていないな。」と甘く見られ、いい様にされてしまいます。
そうしている間に大きな問題に発展するのではないかと思います。

 

ハウスクリーニングをするメリット
 
・色々な事が把握できます
・ダイエットになります
・お部屋はキレイになります
・部屋に愛着心もわきます
・節約できたお金で家族で美味しい料理を食べに行けます

 

 疲れますけど、メリットも多いです。毎回掃除を必ずする必要はないと思います。

 

 一度、お試しください。

関連ページ

クロスの張替で部屋の雰囲気がかわる!
古くなったお部屋や汚れている部屋はクロスを張り替える事をオススメします。賃貸の場合は費用対効果の事も考え、どこまで張替えるかの検討もしなければなりません。部屋の一面のみ違った色目の少し高級感のクロス貼る事をアクセントクロスといいます。大家さんの工夫次第で部屋の雰因気はとても明るくオシャレにする事ができます。
床の張替や補修は明るい色目でキレイに仕上げる
大家さんは入居者が退去後、速やかにお部屋の床の張替・補修をしなければなりません。フローリングの場合は補修で概ね対応します。しかし、CFの場合は補修をするより張替えた方が安くてキレイに仕上げる事ができます。以前は濃い色目で高級感を出す事が多かったのですが、近年は白い色目やナチュラル色が人気を集めておりとてもキレイです。 床が明るいトーンになると部屋全体の雰囲気も明るくなり古い物件でも新しく見える傾向にあります。 床の色目は明るい色をオススメします。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ