古い戸建住宅をリフォームしキレイになった作業7項目を

やってよかった!戸建住宅のリフォーム7項目

築40年ほどの古民家を購入しました

 

 

その時は、私一人ですべてリフォームをしてみました。(技術的に無理な所を除く)

 

 

正直な所、かなり大変で疲れました。精神的にもずいぶん参ってしまった事を記憶しています。

 

まあそうですよね、昼間は自営ですが仕事をしながら、空いた時間を利用しての話ですから、約6カ月かかってしまいました。

 

 

購入してから分かった事なのですが、前所有者の方が4年前にこの住宅内で亡くなられました。
 
 お風呂場で亡くなられており直ぐに発見されたそうです。ご高齢の方の老衰死(80歳位)でしたので、事故、事件扱いにはなっていません。「購入前に言ってくださいよ〜」って感じですよね

 

 救われたのが、亡くなられていた前所有者の方は生前時、非常に地域に貢献されておられ、有名な方だった様です。ご近所の方々は、新しい大家さん(私の事)にも親切にして頂けました。

 

 「ご冥福をお祈り申し上げます。」

 

 その様な状況で、購入しましたので家の中には生活していた状態のまま、荷物もそのままでした。
 遺品を処分してしまうのは忍びなかったのですが、すべて空っぽにしました。そして、作業開始!!

私がリフォーム工事をした項目

 

 @前所有者の荷物を処分する。
 軽トラック5台分、粗大ごみ4回  費用20万円

 

 

 

 

 A部屋の壁、全てに捨貼りをする。
 「捨貼り」とは壁が石綿でしたのでクロスを貼れるように12mmの石膏ボードを上からは貼る、下地作りの事
 2階の壁天井はすべて大工さんに施工してもらい、1階は私が施工しました 費用30万円

 

 

 

 B和室2部屋を洋室にする
 畳を撤去し床上げをした後、クッションフロアーを貼る
 2階部分のみ大工さんに施工してもらい、1階は私が施工 費用10万円

 

 

 

   Cお洒落に見せる為に柱・梁・窓枠の塗装

 2〜3度塗り、すべて真っ白にしました 2万円

 

 Dお風呂の取り替え
 全体のタイル張替 15万円
 浴槽の取替 15万円
 お風呂全体がほぼ新品状態に仕上がりました。

 

 

*施工前と施工後の写真です

 

 

 E照明器具とコンセント・スイッチの付け替え
 電気関係は資格者に依頼し私は全く触っていません 15万円

 

 

 F壁をお洒落に見せる為に塗り壁にする
 お洒落なカフェをイメージ仕上げる為、クロス用のパテを全体にコテ仕上げにする。
 かなり、時間がかかりました  5万円

 G部屋全体もすべて塗装
 すべて真っ白、全体に2〜3度塗り 5万円

 

 Fハウスクリーニング
 延べで10日以上はかかりました  雑巾20枚

 

 

リフォーム工事は自分で楽しいと思えなければダメだと確信しました。

 

 

私は、家族や仲間たちが協力してくれましたので、何とか収める事が出来ました。
 基本的には楽しんで何事にも取り組んでいく性格ですので、その点も良かったと思います。
 作業を夜中の2:00までした事も有り、気持ち悪いと思った事もありました。
 おばけは居ると信じていますから・・・。

 

子供たちも手伝ってくれました〜。やさし〜い!
 しかし、これだけのリフォームを工務店に依頼すればどんなに安くても200万円はかかるのではないかと思います。
 6カ月ぼちぼちとしましたので、117万円で抑える事が出来ました!!! 
 自分の手間を考えると得か損か正直分かりません。たぶん損・・・。
 しかし、入居者が直ぐに付きました。 

 

 
 
 共益費込68,000円です。この時は嬉しくて、楽しくて笑いが止まりませんでした。
喜びも、つかの間、6カ月で退去されてしまいましたが。おばけではありませんよ!!
この時のエピソードを「入居者トラブル―シェアハウス」参照

 

 

 

大家さんとしてリフォーム工事をどこまでするのか?

 

費用はいくらかかるのか?(費用対効果です)

そして、自分でどこまで作業をするのか。

 

この点を初期段階で判断し、楽しく計画していく事が大切です。特に楽しくです。
 
苦痛になるのであれば無理をせず業者さんに全てお任せする事もいいと思います。

 

 

関連ページ

知っておきたいリフォーム工事のポイント
大家さんにとってリフォーム工事必ず必要です。入居者が退去した後の現状回復工事と建物、老朽化に伴う修繕工事です。原状回復工事は頻繁に実施する必要があり、お部屋をいかに安くキレイにするかがポイントになってきます。お部屋の家賃を考えどこまで費用をかけるのか、調整が必要です。費用対効果も考え、新しい入居者を迎える為の工事を最優先に考えなければなりません。
和室の畳を撤去してCFを貼ってみましたよ〜
和室は入居者から人気が無くなってきています。大家さんとしても入退去ごとに畳の表替えのコストがかかるため洋室に変更しCFシートやフローリングの張替えていく事が多いです。畳の撤去をすると畳の厚み分床が下がります。下がった床の床上げを寸三とベニヤ板で施工します。その上にCFシートを貼ると結構きれいに仕上がります。フローリングを貼るともっといい感じになります。
工事の合い見積もりは必ずしよう。
修繕工事や原状回復工事の際は、まず複数業者に合い見積もりをとる事をオススメします。 大家さんは賃貸事業の事業主ですから、物件にかかる経費が常に適正であるのかを把握しておかなければなりません。この工事が適正な価格で依頼できているのか、またきちんと工事をしてもらえてるのか、比較検討する事により最善策が分かります。 合い見積もりはルールとマナーさえしっかり守れば決して失礼な事はありません。
大家さんの原状回復リフォーム工事3項目
原状回復リフォーム工事の良く行われる3項目を紹介します。@クロスの張替A床の補修Bハウスクリーニング。この3項目でほとんど対応できてしまいます。大家さんは費用対効果を考え、スピーディーに新しい入居者を確保しなければなりません。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ