工事の合い見積もりは必ずしよう。

工事の合い見積もりは必ずしよう。

合い見積もりについてお話させていただきます。

私は大家さんですが、本業では不動産業と工務店やっています。

大家さんをしているしている中で色々な人と出会う機会が多く、紹介をいただきお仕事をさせていただく事が多いです。

 

また自己所有のアパートマンションを中心にリフォーム工事をしたり、新築物件を建築したり、そこそこ忙しくさせていただいております。
本当にありがたいことです。

 

 

私はお客様から仕事をいただく前、見積もり書を提出させて頂き、複数の業者に合い見積もりを依頼します。

 

お安くいい仕事をさせていただきたいと心がけていますのでお客様から納得して頂いてから工事をさせて頂きます。
合い見積もりとは、2社以上の業者に見積もりを依頼し、金額や内容などを比較、検討する事です。
工事発注や商品購入の前に合い見積もりをする事により、適正な価格や内容がよく分かります

 

 

私は、お客様に合い見積もりを依頼しますので、他の会社に価格や内容が負けてしまう事があります
仕事を頂けないという事です。

 

くやし〜い!

 

しかし、お客様に納得いただき後から後悔されるような事があると私も辛いのでそうさせて頂きます。
私も比較されることにより、より安くいい仕事ができるようになっていくのです。

 

私も仕事を依頼する前に工事業者や職人さんに見積もりを依頼します。

合い見積もりもどんどんとっていきます。

 

 

これは失礼な事ではありません。あんまり露骨にすると嫌がられますが・・・。

 

 

しかしながら、私たちはこれだけの情報化社会の中で生活をしています。

 

ネットで何でも調べられる事になっています。
ウソやごまかしは通用しない、消費者たちがかしこい時代ってことです。

 

合い見積もりを嫌がる事はナンセンスと思いませんか?

 

見積もりを嫌がるのは何か後ろめたい事があるのかなって思てしまいますよね。
そういった意味でその業者の考え方も分かってきますよね。

 

 

仕事に取り組む姿勢です。

 

 

 

 

 

ただし、合い見積もりの時のマナーがあります。

これだけはしっかり守らなければなりません。

 

A社、B社、C社に見積もりを依頼する時にA社の見積もりはB社、C社には見せてはいけません。
絶対に。
他も同様です。
A社がこれだからB社にはこれより安くして欲しい。
B社がもっと安くなったからC社にもっと安くしてもらおう。
これはダメです。

 

こてこての関西人の私でもこれは絶対にしません。
これを「あてごま」といいます。

 

見積書を「あてごま」にすると、きらわれてしまいます。

 

先日、私は仕事を依頼する為、2社に見積もりを依頼しました。
A社300万円
B社280万円

 

上記の内容で見積もりは上がってきました。
同じ内容であれば、B社に仕事は依頼します。
しかし、B社からは見積書がもらえませんでした。
口頭で金額を提示してこられ、工事内容はそれにかかる工事は全部見ています。という返事でした。

 

私はB社に仕事を依頼しようと思いますが、いつまでたっても見積書が出てきません
これでは判断ができないという事です。
最終的には見積書を頂きましたが、工事内容の数量がA社に比べB社は少ないのです。
B社に再見積もりを依頼したところ、数量の訂正はありましたが金額は280万円のままでいいです。との事でした。

 

皆さんはどちらに仕事を依頼したいと思いますか。

 

私はA社に依頼しました。

 

その後B社は私に仕事がもらえなかったと怒ってきました。
私もブチ切れそうになりました・・・。

 

・見積もりに時間がかかる。
・工事内容に間違えはある。
・根拠のない金額に合わせてくる。
・思い通りにならなかったらお客さんに怒る。

 

こんな業者に仕事を安心して任せられる訳がありません

 

 

合い見積もりは価格を下げる為の物だけでもないのが分かって頂けたと思います。

恥ずかしながら、建築業界は後から追加が多いといわれています。
これは事前にきちっと打ち合せができていないからなのです。

 

 

電化製品を買うときに「価格.COM」で調べますよね。
当たり前です。

 

合い見積もりを「依頼する」「依頼される」事を否定できない時代なのです。

関連ページ

知っておきたいリフォーム工事のポイント
大家さんにとってリフォーム工事必ず必要です。入居者が退去した後の現状回復工事と建物、老朽化に伴う修繕工事です。原状回復工事は頻繁に実施する必要があり、お部屋をいかに安くキレイにするかがポイントになってきます。お部屋の家賃を考えどこまで費用をかけるのか、調整が必要です。費用対効果も考え、新しい入居者を迎える為の工事を最優先に考えなければなりません。
和室の畳を撤去してCFを貼ってみましたよ〜
和室は入居者から人気が無くなってきています。大家さんとしても入退去ごとに畳の表替えのコストがかかるため洋室に変更しCFシートやフローリングの張替えていく事が多いです。畳の撤去をすると畳の厚み分床が下がります。下がった床の床上げを寸三とベニヤ板で施工します。その上にCFシートを貼ると結構きれいに仕上がります。フローリングを貼るともっといい感じになります。
大家さんの原状回復リフォーム工事3項目
原状回復リフォーム工事の良く行われる3項目を紹介します。@クロスの張替A床の補修Bハウスクリーニング。この3項目でほとんど対応できてしまいます。大家さんは費用対効果を考え、スピーディーに新しい入居者を確保しなければなりません。
やってよかった!古い戸建住宅のリフォーム7項目
私は古い戸建住宅を購入し自分でリフォーム工事をしてみました。購入当初はかなりひどい状態でどこから手を付けていいのか分からないぐらいでしたが、最終的には新しい入居者が喜んで頂くほどにキレイに仕上げる事ができました。ここではその作業内容を簡単にお話しさせて頂きます。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ