大家さんの入居審査7項目

大家さんの入居審査7項目

入居者の入居審査についてお話しします。
私たち大家さんは入居者の生活を守るために建物内のトラブルを回避していかなければなりません。
悪い入居者を入れて他の方に迷惑がかかる様な事があれば、他の入居者に迷惑をかけてしまったり、新しい入居者が入居してくれなくなる可能性があります。家賃の滞納も良くあります。
大家さんは、優良な入居者を獲得する為にいつも努力をしていかなければなりません。
入居者は収入面でも大切な事なのです。
客付け業者さんが、大家さんと入居者の間に入り対応してくれますので、ポイントを押え審査していきましょう。

 

 

必要書類(用意して頂くもの)

 

・源泉徴収票(勤務先と収入が分かるもの)
・身分証明書(運転免許書、保健書)
・実印、印鑑証明(保証人も同様)
・住民票(現在の住所が分かるもの)

 

 

入居審査の基準

 

@職業
どの様な会社に勤めているのか。
どんな仕事をしているのか。
勤続年数は何年ぐらいなのか。
これだけでこの方の生活態度が何となく分かります。
勤務先の名の通った企業や公務員であれば特に問題は無いかと思います。
入居後、入居者と連絡が取れない場合は会社に連絡をする可能性がある旨はしっかりとお伝えする事が必要です。

 

A収入
月々の給料はいくらぐらいあるかを確認します。
判断基準としては給料が多い方が良いのですが、家賃が月給収入の3分の1に収まっているかどうかです。
家の家賃を払って頂き十分に生活ができるかどうかの判断も必要です。

 

B連帯保証人
大体の人はお父さんやお母さんの可能性が高いです。しかしそうでない場合は、理由があります。ご両親さんが亡くなられていて仕方がないのですが両親がご健在でありながら保証人になってもらえないと言うのは問題があります。
親子関係が上手くいっていないのか、本人に問題があり両親でも連帯保証人になってもらえないと言う可能性があります。
ここは気を付けた方がいいと思います。
また連帯保証人がどこに勤めていて、どんな人なのかを確認し、ちょっと怪しいと思ったら連帯保証人を他の方に変えてもらう事も必要です。
何か問題があった場合、保証人が居るのと居ないのとでは、全くリスクが違います。
連帯保証人は必ず取るようにして下さい。

 

C以前はどこに住んでいたか。
仕事の関係で移動があたのか。
なぜ私のマンションに入居の申し込みをしたのかを確認します。
前の物件で問題を起こして来た入居者は、こちらに移動してきても同じような問題を起こす可能性が高いです。
状況を確認し、怪しい部分が有れば入居を断る勇気も必要です。

 

D入居時期
これは入居者によってまちまちです。
大体お申し込みを頂いてから2週間から1ヵ月ぐらいの間に入居を頂く事が多いです。
それ以降場合(例えば2ヶ月後3ヶ月後)の場合はお断りをしています。

 

E保証会社の審査承認が取れるか。
これは絶対必須です。保証会社は独自で入居者の審査します。
審査の基準は過去に金融トラブルがないか反社会的勢力ではないか。
簡単な内容が多いのですが、それにすら引っかかってしまい「不承認」になる方は絶対に入居をお断りさせて頂きます。

 

F見た目・その人の雰囲気
怪しくないか。ガラが悪くないか。(目つきが悪い、入れ墨をしている、服装)
話し方は普通か。常識を持ち礼儀をわきまえているか。
身分相応か。収入証明では普通の収入にも関わらず、ブランド物に身をまとい、外車に乗っている。

 

 

 

大家さんの立場から考えると空家は一日でも早く埋めてしまいたいと思いがちです。

「ちょっとぐらいだったらいいかなあ。」
と思う事も多々あります。
悪い入居者を入居させてしまいトラブルに発展してしまうと、空家以上に損をする事になります。
「損して得とれ」では無いですが、入居者の審査は冷静に素早く判断しなければなりません。
また、大家さんの審査が厳しすぎる様な事になってしまうと、客付業者も大家さんに対し不満を持ち始めていまいます。
そんな大家さんの物件は敬遠されてしまい案内してくれなくなります

私のマンションにお笑い芸人さんが住んでくれています。結構有名な方なのです。
しかしお笑い芸人は収入が安定しないと言われています。
有名なお笑い芸人が住んでいると物件の価値もイメージアップにつながります。
入居審査の収入面を満たしていなければお断りしなければならないのです。
私の物件のお笑い芸人さんはまったく問題はなかったです。

大家さんは入居審査をする上で主観を無くし、基準を設けその基準に満たしているかどうか冷静に判断しなくてはなりません。

関連ページ

入居者募集の準備
賃貸事業を進める中で質の良い入居者を確保する事は必須です。入居者を募集する際は、客付け業者と募集条件を設定し、速やかに原状回復工事を済まさなければなりません。大家さんは空家との戦いです。いかに早く入居者を確保するか、様々な工夫をし行動に移していかなければなりません。
大家さんは直接客付けできる!入居者募集
大家さんは自分で入居者を探し客付けすることが認められています。でも自分で客付けするのって結構大変じゃないかと思いますが、そんなことはないのです。 昔から全国の大家さんは自分で入居者を探しアパートやマンションを管理してきていましたから。 一番大切な事はお客さんを探す事です。契約業務の手順・保証会社の加入方法はいろいろありますので、まずは自分で入居者をつけることも考えてみてはいかがでしょうか。
入居者募集の方法3項目―大家さん必見
私は大阪府の東大阪市で賃貸事業をしている大家さんです。このエリアでアパートマンションの入居者を募集し入居頂く3通りの条件をお教えします。ポイントは客付け業者をいかに動かし、入居者に入居するメリットを感じて頂けるかだと思います。仲介手数料は抑えていきたい所ですが、あまりケチってしまうとアテブツにされてしまいますから、要注意が必要です。
上手く使い分けよう〜!大家さんの裏技「個人バック」
私は通常以上に良い結果を出してくれた客付け業者の営業の方に個人的にお礼をします。これはお金であったり何か商品であったり、その時の状況に応じて変えていきます。どうしても客付けを促進させたい時はキャンペーンを打ち出したりもします。これを個人バックといいます。営業マンの方は会社は通さず個人的な報酬になりますのであえて裏技と表現しています。
客付け繁忙期にそなえた客付け条件。さぁやるぞ〜!
賃貸事業のノウハウそして本音と裏話を公開

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ