賃貸事業に必要な火災保険は建物総合保険と家財保険、借家人賠償です。

賃貸事業に必要な火災保険|建物総合保険と家財保険

大家さんとして最低限の火災保険に加入していなければなりません。

 

ローンがたくさん残っているのに火災になりローンだけが残ってしまっては大変ですよね。

 

しかし、実際にはありがたい事に火事になりアパートやマンションが燃えてなくなってしまう事はそう簡単にはありません。

 

ですので火災保険はお守りのかわりみたいなものだと思い加入しています。

 

私たち大家さんに必要な火災保険を簡単に解説させていただきます。

 

大きく2種類あります。

 

 

@大家さんが加入する「建物総合保険」

 

A入居者が加入する家財保険

 

 

2つとも普段はあまりつかう事がありません。

 

 

これらの保険の内容をあまりよく知らない大家さんも多のです。

 

 

入居者も客付けの賃貸業者から入居時に強制的に加入させられて内容は何も知らない方も多い様です。

 

 

つかうという事は何らかの事件が起きたという事ですからよくありませんからね。

 

 

 

火災保険は絶対に必要で、内容を理解すると大家さんの強い味方になるんです。

 

 

@大家さんが加入する「建物総合保険」

 

火災だけではなく、アパートやマンションに被害こうむる事は対応できるのです。

 

・火災
・落雷
・破裂
・爆発
・風災
・雹災(ひょうさい)
・雪災

 

上の項目はほとんど使う事がありません。

 

ですので、自分が加入している総合保険の内容を忘れてしまいがちなのですよ。

 

 

ここからが大事な所です!

 

 

・水ぬれ、外部からの物体落下等、騒擾(そうじょう)
・盗難
・水災
・破損・汚損等

 

この4項目はどうでしょうか?

 

結構つかう事があるんです!

 

こんな項目があった事を知っていましたか?

 

 

何と!私はこの1年以内で2回保険をつかわせていただきました。

 

 

保険会社さんには本当に感謝しています

 

 

当初、マンションが完成した時に完成と同時に保険会社の女の子に建物総合保険をすすめられました。

 

 

その保険会社の女の子は若いので何も知らないような感じでしたが、一生懸命保険を進めてくれましたので、一番グレードの高い「ワイドプラン」で契約したのです。

 

 

一つ下の「ベーシックプラン」もあったのですが、あまり金額も変わらなかったので「ワイドプラン」を選択したのです。

 

 

ケチらなくて良かったとその女の子には感謝しています。

 

 

話しを戻しますが、当初お支払いした保険金額以上の保証をして頂いています。

 

 

A入居者が加入する家財保険

 

保険会社が丸儲けの保険といってもいいぐらいまったく使わない保険です。

 

しかし、入居者も大家さんもまったく理解していないだけなんです。

 

 

(すすめた賃貸客付け業者も詳しく知りません・・・。)

 

 

基本的に入居者が加入する保険ですから、大家さんが口をはさむことはできません。

 

入居者が自分の家財にかける保険ですから。

 

 

この家財保険の中にかくされて物があります

 

この家財保険には大家さんを守る「借家人賠償」というものが付いているのです。

 

「借家人賠償」とは入居者が入居中の部屋の壁・床・天井・設備等を壊してしまった時、この借家人賠償で直してもらう事ができます。

 

 

例えば入居者が退去時に部屋の一部を壊してしまい直してもらうかどうかでよく大家さんとも入居者がもめてしまう事があります。

 

そこで借家人賠償が使える可能性があります。

 

借家人賠償は私もつかってもらった事がないので何とも言えません。

 

しかし、入居者の退去時に破損があった場合は必ず管理会社を通して借家人賠償の話を入居者にしてもらっています。

 

そのせいか、もめることもなく、退去時には弁償してもらっています。

 

 

この記事をお読みいただき何となく理解していただけたかと思います。

 

各保険会社により保証の内容が違いますので、具体的な説明は控えさせていただきました。

 

まずは保険会社の窓口になる人物に連絡をしてみて下さい。

 

保険会社は社員の入れ替わりが激しいのでそれが理由で自分の加入している保険にも無関心になっていまっています。

 

直接コールセンターに連絡をしてみるのもいいですね。

 

そして、保険内容を確認してみて下さい。

 

けっこう詳しく説明を受けるべきなのです。

 

そして、保険内容を理解した上で、見直しが必要な可能性もありますね。

 

入居者が加入している家財保険は客付けをしてくれた客付け業者に内容を聞いてみて下さい。

 

 

だいたいの客付け業者は保険の代理店をしている事が多いですから。 

 

手数料もしっかりもらっていますから。

 

保険内容の説明ぐらいしていただいてもいいとおもいますよ。

 

残念な事に保険の代理店の客付け業者の方がまったく保険の事を理解していない事が多くです。

 

最悪なのが、保険の期限が切れている入居者に家財保険の未加入のまま放置している業者もいます。

 

もし火災でもあったら、大家さんにとって大変な事になるのです。

 

火災保険について浅く広く簡単な記事にさせていただきました。

 

火災保険はつかわないと損です。

 

保険会社さんも「是非つかって下さい」という感じですから。

 

火災保険を強い味方にして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

大家さんの金利を下げるテクニック
銀行といいお付き合いができていれば金利は確実に下がっていきます。現時点でかなり低い金利の大家さんは別ですが・・。金利は大家さんの評価でもありますので上手く交渉するようにしています。露骨に他の銀行に借りかえるような、半分脅しの様な話をするのではなく、こちらが深くお付き合いしていきたい意向を示す事により銀行もそれなりに対応してくれます。銀行に好かれる大家さんにならなくてはなりません。
金利は変動か固定?
私の主観ですが、金利はしばらくこのまま低金利を推移するのではないかと思います。ここで長期の固定金利を選択するのではなく、短期の固定金利や変動を利用するようにしています。その方が低金利ですから。長い固定金利で拘束してしまうのはまったく身動きが取れない状態になりがちなのでリスクと考えてしまいます。賃貸事業はその時の状況に素早く対応できなければいけないので、今一番安い金利でを確保し、収益を確保する事をオススメします。金利が上がりそうな時に長期の固定金利を選択しても全く遅くはないのですよ。
良いお客さんになる
銀行に好かれる大家さんと嫌われる大家さんとでは収益も変わってきてしまいます。銀行に好かれる大家さんは良い条件で次も融資を受ける事ができますが。嫌われてしまうと表面上は良い感じに見えますが、見えない所で無数に損をしてしまいます。嫌いな人に優しくしませんよね。属性が良いからといっても銀行の方も人間ですから、好かれる大家さんになりましょう。
返済ができない時の対処方法
ローンの返済に困った時は銀行にリスケをお願いしましょう。これは最終手段ですのですぐにはダメですけど。リスケジュールの略です。返済計画を見直し返済ができる様にスケジュールの組み直しをする事です。いくつかの方法がありますので、よく検討しデフォルト(破たん)を回避しましょう。
ローンの返済は積立定期預金みたいなものですよ〜!
ローンを返済していくと残債がどんどん減っていきます。嬉しいですよね。物件が具体的に自分の物になっていく感じがします。私はローンの返済を積立定期預金と思うようにしています。年間に1000万円返済すればその分財産が増えたように考え楽しみに返済しています。確かに物件の評価も年々下がってはいますが、不動産が今、高騰している事もありません。大家さんって本当にいいですよね。
死んだら得?!団体信用生命をつける
融資に生命保険が付いている様なもので契約者が死んでしまったら借金は「ゼロ」になります。住宅ローンではほぼ必須ですが、アパートマンションローンにも付ける事ができれば安心ですよね。私の場合は土地代も一緒に融資受けています。何の財産もない私が、何とか私の代で土地を残す事ができてしまうのです。相続税の対策で賃貸事業をされている方は逆効果ですのでご注意ください。
住宅ローンとアパートマンションローンの違い
住宅ローンとアパートマンションローンは似ているようですが全く違います。月々の返済の仕方として、お給料からの返済なのか。家賃収入から返済していくのか。銀行は様々な目線で融資の安全性を確認してきます。ここでは2つの融資の特徴と違いをお話しさせて頂いています。
得する!繰り上げ返済の考え方
ローンの繰り上げ返済には3種類の方法があります。「月々の返済額を減らす」「期間を短縮する」「利息だけを払う」になります。どちらの返済方法がいいのでしょうか。利息の総額を減らそうと思うと期間の短縮をオススメします。大家さんとしては月々の返済額を減らすと手取り収入が増えていいですよね。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ