アパートマンションローンに団体信用生命をつけリスクヘッジを考える

死んだら得?!団体信用生命をつける

「団体信用生命」、以下「ダンシン」と呼びます。

 

これは、私にとっては優れものです。
自宅を購入するする時に「住宅ローン」を使用します。

 

 

「ダンシン」は「住宅ローン」の保険として必ず加入しなくてはなりません。

 

住宅ローンは、大体、30年〜35年の期間で返済します。 
住宅ローンは大半の方が、お給料から返済していきます。

 

アパートやマンションの様に、家賃からの返済ではありません。
ですので、借入人が長期の返済期間中に働けなくなったり、死んでしまったら、お給料が貰えなくなる可能性が高いのです。

 

それを恐れる金融機関はローンに保険を付け「借入人」に万が一の事が有れば保険で一括返済できる様にしています。
ですから金融機関は安心して低金利で住宅ローンを貸してくれるのです。
保険会社が一括返済してくれるという事は、生命保険の様なものですから、その時点で、「住宅ローン」は無くなってしまうという事なのです。 

という事は、残された奥さんや子供さん達は「借入人」のお父さんが無くなってしまえば悲しいのですが、安心して生活ができるのです。

 

なんか、いい話ですね〜。

 

これをアパートマンションのローンに付けれたら最高ですよね。

 

それが付けれるんですね!!

 

 

 

 

私が死んだら借金が「ゼロ」。
 家賃収入だけが入ってくる仕組みです。まだ死にたくはないのですが、死ななきゃ損みたいな話になってきます。冗談ですよ。

 ただし気を付けなくてはならない事が有ります。

 

「相続税」です。

 

私が死んでしまった時点で、ローンが返済されますから数億円の財産が残った事になるのです。
そしてその数億円に対して、数千万円の相続税がかかります。
 数千万円あればいいですが・・・。その時なければ物件を売却して納税しなくてはならないのです。
 ですので、私は半分半分にしています。
 半分は「ダンシン付き」半分は「ダンシン無し」の相続対策です。

 

「ハーフ安堵ハーフ」ってとこですね。

 

相続対策は意図的に借り入れを増やし税金を抑えなくてはなりませんから、「ダンシン」はつけてはだめですよ。

 

ただ、地主さんの様に土地をたくさん所有されている大家さんは「ダンシン」必要ないですがサラリーマン大家さんや1代で物件を増やしていこうとされている大家さんは「ダンシン」を必ず付けて下さい。土地代も含めて最大限行きましょう。

 

そして一番喜ぶのは奥さんです!!

関連ページ

大家さんの金利を下げるテクニック
銀行といいお付き合いができていれば金利は確実に下がっていきます。現時点でかなり低い金利の大家さんは別ですが・・。金利は大家さんの評価でもありますので上手く交渉するようにしています。露骨に他の銀行に借りかえるような、半分脅しの様な話をするのではなく、こちらが深くお付き合いしていきたい意向を示す事により銀行もそれなりに対応してくれます。銀行に好かれる大家さんにならなくてはなりません。
金利は変動か固定?
私の主観ですが、金利はしばらくこのまま低金利を推移するのではないかと思います。ここで長期の固定金利を選択するのではなく、短期の固定金利や変動を利用するようにしています。その方が低金利ですから。長い固定金利で拘束してしまうのはまったく身動きが取れない状態になりがちなのでリスクと考えてしまいます。賃貸事業はその時の状況に素早く対応できなければいけないので、今一番安い金利でを確保し、収益を確保する事をオススメします。金利が上がりそうな時に長期の固定金利を選択しても全く遅くはないのですよ。
良いお客さんになる
銀行に好かれる大家さんと嫌われる大家さんとでは収益も変わってきてしまいます。銀行に好かれる大家さんは良い条件で次も融資を受ける事ができますが。嫌われてしまうと表面上は良い感じに見えますが、見えない所で無数に損をしてしまいます。嫌いな人に優しくしませんよね。属性が良いからといっても銀行の方も人間ですから、好かれる大家さんになりましょう。
返済ができない時の対処方法
ローンの返済に困った時は銀行にリスケをお願いしましょう。これは最終手段ですのですぐにはダメですけど。リスケジュールの略です。返済計画を見直し返済ができる様にスケジュールの組み直しをする事です。いくつかの方法がありますので、よく検討しデフォルト(破たん)を回避しましょう。
ローンの返済は積立定期預金みたいなものですよ〜!
ローンを返済していくと残債がどんどん減っていきます。嬉しいですよね。物件が具体的に自分の物になっていく感じがします。私はローンの返済を積立定期預金と思うようにしています。年間に1000万円返済すればその分財産が増えたように考え楽しみに返済しています。確かに物件の評価も年々下がってはいますが、不動産が今、高騰している事もありません。大家さんって本当にいいですよね。
住宅ローンとアパートマンションローンの違い
住宅ローンとアパートマンションローンは似ているようですが全く違います。月々の返済の仕方として、お給料からの返済なのか。家賃収入から返済していくのか。銀行は様々な目線で融資の安全性を確認してきます。ここでは2つの融資の特徴と違いをお話しさせて頂いています。
得する!繰り上げ返済の考え方
ローンの繰り上げ返済には3種類の方法があります。「月々の返済額を減らす」「期間を短縮する」「利息だけを払う」になります。どちらの返済方法がいいのでしょうか。利息の総額を減らそうと思うと期間の短縮をオススメします。大家さんとしては月々の返済額を減らすと手取り収入が増えていいですよね。
賃貸事業に必要な火災保険|建物総合保険と家財保険
賃貸事業は事故トラブルがあります。その度に大家さんに負担がかかってしまい、とてもつらい思いをしてしまいます。アパートやマンションに火災でもあれば大変な事になります。これは大家さんだけではなく住宅を所有されている方であれば皆さん共通する事です。ここでこの保険について私の経験を踏まえ簡単に説明させて頂きます。火災以外でも意外と保険か使えるのです。使い方を理解しましょう。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ