家賃保証会社,一覧,ランキング,取立て

色々な家賃保証会社

実際に私が使用させて頂いている家賃保証会社の家賃保証内容を御紹介させて頂きました。 
家賃保証内容は大家さんにとって大満足だと思います。
しかしながら悪質な家賃保証会社もたくさん有ります。

悪質な管理会社の事例

 

私の管理会社から突然連絡がありました。
内容を確認すると、家賃滞納者が入居しており、強制的に退去の話をしていっているという事でした。

 

 

家賃は10カ月滞納しており、家賃保証会社が家賃の保証をしてくれていましたので、私はまったく知らなかったのです。

 

 

管理会社にも先日、初めて報告があったみたいで、最近までは、全く把握できていませんでした。

 

普通は2ヶ月、家賃を滞納した時点で保証会社は大家さんに即、報告があり、回収業務と同時に退去の話もしていきますが、この管理会社は家賃が10カ月滞納するまで管理会社や客付け業者、大家さんにまで報告が無かったのです。

 

何を考えているのか、まったく理解できません。
数日後、何とか退去させることができたみたいなのですが、部屋を見に行くと、傷だらけでむちゃくちゃな状態でした。

 

かなり汚れており、原状回復リフォーム工事をするにしても20万円位はかかってしまう内容です。

 

私は、入居者に、原状回復のリフォーム工事を請求しようと移転先を確認しましたら、どこに行ったか分からないとの事。

 

また、家賃保証会社は10カ月の家賃の保証をしたのですから、原状回復リフォーム工事の請求はあきらめて欲しい雰囲気です。

 

ちょっとあり得ませんよね。

 

全てがおかしいと思い確認をしていくと、その保証会社は、1年ほど前に客付けの業者が、自社で立ち上げた子会社でした。

 

 

いつもの家賃保証会社を使っていたのかと思い込んでいたのですが、勝手にすり替えられ家賃保証の内容も私にっとってかなり不利な状況です。

 

完全に騙された感じです・・・。

 

私がおバカさんなのです。

 

それでも納得いかず、契約書の約款を確認していくと、原状回復リフォーム工事は家賃の1か月分の金額までは家賃保証対象になっていました。

 

 

大家さんが、何も確認をしなければ黙って家賃保証しないつもりだったと思います。
家賃保証会社として、だけではなく人間として最悪ですよね。

 

 

 

 

もっと最悪な話も耳にします。

入居者から保証料だけ回収し突然、倒産してしまう保証会社も有ります。
ココは要注意が必要ですね。

 

滞納家賃を保証して頂けなかったり原状回復等の特典も無い家賃保証会社もたくさん有ります。

 

半分以上はそうですね。

私は、家賃保証会社は保証内容を確認し、大手で信用が有り、社員もしっかり教育されている会社を選ぶようにしました。

 

一度皆様も現状、どのような家賃保証会社を使っているか確認してみてはいかがでしょうか。
 放任していると、客付け業者が自社の都合の良い保証会社を勝手に使っていますから要注意です。

全く家賃保証会社の意味がない事もありますから、気を付けましょう。

関連ページ

保証会社は大家さんの強い味方!!
大家さんにとって保証会社の保証は絶対に必要です。入居して頂く際には必ず保証会社とも契約して頂くようにしましょう。家賃の滞納、夜逃げ、各種の事故等に保証を対応して頂けるのでかなり心強いです。
入居者と保証会社との契約が必要です!
保証会社と契約する前に入居者は審査を受けなければなりません。「過去に金融トラバルがないのか」「反社ではないか」「一定の所得を確保できる会社に勤めているか」審査は3時間ほどで終了し、回答が返ってきます。「承認」であればめでたく契約をする事ができます。承認がおりない入居者は入居をお断りする事をオススメします。
保証会社の保証料いくらなのでしょう?
保証会社の保証料は普通、入居者が負担します。 初回にかかる保証料は保証人ありの場合、家賃50%無しの場合は家賃の70%です。保証の内容のわりに保証料がお安いのでやっぱりいいですよね。

トップページ プロフィール 用語集 Q&A サイトマップ お問い合わせ